貸切バスの運行に関するご案内(旅程のご設定前にご確認ください)

 

貸切しバスの運行(乗務員の労働時間)について
労働基準法による「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)についてご理解下さい。
過労運転を未然に防ぐため「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)で、自動車運転者の労働時間が定められています。 弊社ホームページを通じて、貸切バスのお問い合わせをご希望される、お客様・旅行業者様におかれましては、これらの改善基準告示を充分ご理解の上、ご旅行プランをお立てください。

◎拘束時間について
始業時(出勤)から終業時(退勤)までの時間をいいます。
拘束時間とは、実際の旅程の運行時間ではありません。
乗務員が所属のバス会社にて出勤した時点から、バスの出庫⇒回送・配車場所⇒実際の運行屋⇒回送・車庫へ戻る⇒事務所から退勤するまでの全ての時間をいいます。

・原則13時間以内ですが、目安の拘束時間としては12時間以内をお願いします。

◎休息期間について(宿泊を伴う旅行の場合など)
2日以上連続した旅程の場合、拘束時間と拘束時間の間には、連続8時間以上の休息期間を設定する必要があります(宿泊を伴うご旅行の場合、乗務員が宿泊施設での終業後、翌日の宿泊施設での始業までで8時間以上の休養をとらさなねばなりません)

◎実際の運転時間
1日あたり9時間以内(2日を平均して)。渋滞など予期せぬ事態に備え、目安の運行時間としては8時間以内の旅程設定をお願いします。
・連続運転時間は4時間以内 運転開始後、4時間以内または4時間経過後に30分以上の休憩時間などを確保できる設定にしなければなりません。ただし、運転開始後4時間以内に運転を中断し分割して休憩をとる場合は、少なくとも1回につき10分以上必要です。

******配車(集合場所)について*******
①バスの配車場所は、ご乗車されるお客様がお待ちいただくのに危険でなく、観光バスが停車しても交通の障害等にならないところをご指定頂きますようお願い申し上げます。
②大型車等進入規制道路へ進入することや、高速道路のバスストップでの駐停車はできません。

 http://inter.bigs.co.jp/bus